ノヴィルタクシーサービス

088-66-33-888(ロクロクサンサンハチハチハチ) 0570-0459-88 (お四国 八十八)
ホーム > 四国八十八ヶ所巡り > 第22番札所 白水山 医王院 平等寺

四国八十八カ所巡り

btn_driver
第22番札所 白水山 平等寺 医王院 88_p1徳島県阿南市新野町秋山177
tel.0884-36-3522
本   尊
薬師如来
本尊の真言
おん、ころころ、せんだり、まとぅぎ、そわか
詠   歌
平等に、へだてのなきと聞く時は、あら、たのもしき仏とぞみる
由   来
弘法大師四十一歳の時、厄除け修業のため巡錫せられた析、空に五色の霊雲が棚引き、その中に金色の梵字が現れ、光が四方に照り輝き薬師如来の尊像になられ、祈祷に使う水を求めて、一つの井戸をお掘りになったところ、白い乳色をした水が湧き溢れたといわれます。大師は、その霊水で身体を清め百日間の修行を重ね薬師如来の尊像(二尺)を刻み堂宇を建立し、みな平等に救済されるために、寺号を、白水山平等寺と称えられました。そして平等寺という寺号は、一切衆生を平等に救済する、という意から名付けられた。又、この霊水は万病に効く「弘法の水」として知られ、また開運の霊水でもある。

↑ページのトップに戻る ←前へ 次へ→

四国八十八カ所巡りコース 四国八十八カ所巡りガイド