ノヴィルタクシーサービス

088-66-33-888(ロクロクサンサンハチハチハチ) 0570-0459-88(お四国 八十八)
ホーム > 四国八十八ヶ所巡り > 第20番札所 霊鷲山 宝珠院 鶴林寺

四国八十八カ所巡り

btn_driver
第20番札所 霊鷲山 鶴林寺 宝珠院88_p1徳島県勝浦郡勝浦町生名鷲ヶ尾14
tel.0854-2-3020
本   尊
地蔵菩薩
本尊の真言
おん、かかかび、さんまえい、そわか
詠   歌
しげりつる、鶴の林をしるべにて、大師ぞ居ます、地蔵帝釈
由   来
土地の人は鶴林寺を「お鶴さん」と親しまれ、ふもとから続く、標高五百五十メートルの急坂を春の歩く遠足に、地元の生徒達も弘法大師が歩いて開創された八十八ヵ所巡りの一部二十番札所であることも教えられるのでしょう。夏はまさに別天地である。延暦の昔、弘法大師が御修行中に雌雄二羽の白鶴が黄金の地蔵菩薩(一寸八分)を守りながら舞い降りるのを見て、地蔵菩薩(三尺)を彫刻し、黄金仏をその胎内に納めて寺を建て本尊として安置。その残り木で五種の鈴を刻み、爪彫の堅額を残された。延暦十七年(七九八)、桓武天皇が勅願を以て八堂伽藍を造営せられて以来、歴代の天皇が尊信を寄せられ特別の保護を講じたようであります。

↑ページのトップに戻る ←前へ 次へ→

四国八十八カ所巡りコース 四国八十八カ所巡りガイド