ノヴィルタクシーサービス

088-66-33-888 (ロクロクサンサンハチハチハチ)
ホーム > おすすめコース > 徳島を愛した文豪!モラエス
おすすめコース 全て表示新着
(1/26)

徳島を愛した文豪!モラエス

小泉八雲に憧れこの徳島の地で執筆を続けたポルトガル人モラエス。著書には『おヨネとコハル』、『日本精神』、『ポルトガルの友へ』、『徳島日記』がある。ポルトガル語で著述したこともあり、生前には日本ではほとんど注目されることがなかったが、死後、日本語への翻訳がなされ、日本賛美として取り上げられるようになった。ポルト市の著名な新聞「ポルト商業新聞」に当時の日本の政治外交から文芸まで細かく紹介しており、後世に伝えるべき文筆家として高く評価されている。
場所 新町、眉山周辺
開催期間 通年
阿波踊り会館 徳島と聞けば?
踊る阿保♪に 見る阿保♪ 阿波踊り
ここ阿波踊り会館では踊り体験もできます。
ひょうたん島クルーズ 観光ガイドの方と巡るクルーズ!
乗船は無料ですが、保険料として200円が必要です。
モラエス館 1976年(昭和51年)7月1日に開館。
眉山山頂にある建物内にはモラエスの旧宅(徳島市伊賀町)内を再現した書斎がある。
瑞巌寺 慶長19年(1614年)、徳島藩初代藩主蜂須賀至鎮が弟義英の菩提のため、
一鶚禅師を開山に招じて再興した。
江戸初期に造られた池泉回遊式の庭園で知られている。
山麓の斜面を巧みに利用した庭には、茶室や三重塔などがある。
毎年15日に盛大に初釜の会が開催されます。
おすすめ
ちょこっとコース
観光ボランティアガイド可能コース
☆3時間
 ‘租膸堝癲、 眉山山頂モラエス館(観光ボランティアガイドによる案内30分) →
伊賀町モラエス通り(旧居地跡石碑) → 観潮院 →
モラエス像 → 阿波踊り会館 → 徳島市内・駅

◆‘租膸堝癲、 ひょうたん島クルーズ(25分)観光ボランティアガイド →
阿波踊り見学、体験(40分) → あるでよ徳島 → 徳島市内 

※文化・歴史の興味のある場合は、ボランティアガイドの方による案内時間の延長可能。
※観光ボランティアガイド希望の方は3日前までの予約が必要です。
※▲魁璽垢漏演、乗船時間が決っているため事前にご確認ください。
関連サイト http://www.awaodori-kaikan.jp/v-guide/

※ご希望に応じてコースを組み合わせ致します。
※徳島観光モデルコースや人気の観光スポットからの組み合わせ等、お気軽にご相談下さい。
※タクシー代金以外の利用料等は別途となります。
※天候・交通・その他の事情により、ご希望に添えない場合や変更が生じる場合がございますので、ご了承ください。


瑞巌寺山門の脇道から入ります。この道を南へ下る通りが通称モラエス通りと呼ばれております。
瑞巌寺は

毎日通った墓地です。
三人仲良く並んでいます。真ん中が「モラエス」さん向かって左側が「コハル」さん、右側が「おヨネ」さんの眠る場所です。

おヨネとコハルのお墓参りに毎日通った道。
今では「モラエス通り」の愛称で徳島では名が通っています。

モラエス通りを南へ500mほど行くと左側にあります。今ではこの石碑しか残っていません。以前はここに銅像が建立されていました。今では新町小学校の方へ移動されています。

眉山山頂には「モラエス館」があり、旧宅の一部など移築し展示してあります。こちらにはボランティアガイドの方もいらっしゃいますので詳しい説明もしてくれます(要予約)

そしてこの眉山山頂には展望台もあり徳島を一望することもできます。眼下に広がる市内の街並み、又雄大に流れる吉野川・・その先には太平洋が・・・・